o0320045214155950611

奥順さんの新作展に行ってきました

先日、つむぎの館 陳列館で開催していた「奥順の新作展」をみてきました

結城紬を手に取って見る機会が無かったのと、

雑誌で「北の桜守」に衣装提供しているとの記事が気になっていたからです

【北の桜守 公式サイト】

o0320045214155950611

吉永小百合さんが着用していたつるばみ色のショールと桜色の着物ですが、当日はショールのみ展示されていました

kitanosakuramori

桜色の着物は、今回の展示には間に合わなかったようで、ちょっと残念でした

 

他にも気になっていたものをご紹介します

本場結城紬の正藍染です

aizome

藍染めは貴重だと聞いて、どんなものなのかじっくり見ていたら、係の方が詳しく説明してくださいました

・藍染めは濃淡により様々な色があること

・染屋さん自体が減っているため、年に数反しか作れないこと

・本藍染めの生地は湯どうし・洗い張り・着込んでいくうちに深みのある美しい本来の色が出てくること……などなど

藍染め以外にも素晴らしい生地はたくさんありました

写真もたくさん撮影させていただきましたが、個人で楽しむための撮影許可だったので、こちらでの写真掲載は2点に留めておこうと思います

展示されている結城紬を手に取りながら、様々なお話が聞けて大満足でした

つむぎの館では、他にも様々なイベントが開催予定だそうです

詳しくはこちらからご覧ください

【つむぎの舘】イベント情報

次は浴衣染め体験があるようです

興味がある方は、つむぎの館 イベント情報からご覧ください