代表挨拶

当社は大正9年の創業以来、まもなく100年目を迎えようとしております。
その間、日本経済はめまぐるしい発展を遂げ、同時に社会環境も大きく変化をしてまいりました。
経済のグローバル化、顧客ニーズの多様化、温暖化による気候の変化、少子高齢化など。
私たち石島建設は、創業者から受け継いできた「仕事に真摯に取り組む」という姿勢を原点に、古き良き伝統技術を大切にしながら、合わせて最先端技術についても積極的に取り入れていくことで、急速に変化していく社会環境にも柔軟に適応し、今日まで企業活動を展開して参りました。また、当社は単純な利益追求の為の事業拡大は今までも、そしてこれからも行いません。
本業である建築をとことんまで追求していくことで、地域やお客様から必要とされる「建築のプロフェッショナル企業」を目指し続けているからです。
これらを裏付けるために、当社の技術系社員は全員に一級の国家資格を取得させております。お客様目線で考えれば当然のことであり、心から信頼される、本当の技術力を感じていただける証です。
この度、業務の効率化とお客様へのサービス向上を図り、本社移転を致しました。
心機一転、更なる成長を続ける私たち石島建設に、今後ともご期待ください。