「ブログ」カテゴリーアーカイブ

令和2年 新年のご挨拶

謹んで新春のご祝詞を申し上げます

昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます

 

さて 弊社は大正9年の創業以来

本年をもちまして100周年を迎えることとなりました

これもひとえに皆様方のご支援の賜物と深く感謝いたしております

 

今後とも倍旧のご支援の程 宜しくお願い申し上げます

年末年始のお知らせ

拝啓 年の瀬も押し詰まり、ご多用中のことと存じます。

今年一年も格別のご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら弊社の年末年始の営業は、下記の通りとさせていただきます。

新しい年の皆様のご多幸をお祈りいたします。

敬具

 

年末営業 令和元年12月28日(土)

年始営業 令和2年  1月 6日(月)

以上

ケーブルテレビの撮影がありました

皆様こんにちは

今日は3月にケーブルテレビで放送される番組の撮影がありました

番組名は『しゃかりきカンパニー』

結城市と筑西市の企業を応援する15分番組です

放送期間は3月1日~同月31日までの1か月間です

 

 

写真は石嶋社長と佐藤監督のインタビュー風景を撮影してみました

他にも、現場の紹介や、住まいメイトさんのインタビューなどなど…

どんな番組になるのか、今から楽しみです(^-^)♪


ケーブルテレビ株式会社

http://www.cc9.jp/index.php

ZEH(ゼッチ)ビルダーに登録しました

この度、一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が公募した平成30年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(ZEH)」に於いて、ZEHビルダーとして承認されました

 

 

これに伴い、2020年度に向けたZEHの普及目標を策定しました。内容については、こちらからご覧いただけます

石島建設ホームページ

環境共創イニシアチブ ZEHビルダー検索

 

 

■ZEH(ゼッチ)とは?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは「快適な室内環境」と、
「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅のことです

政府は2020年までに注文戸建住宅の過半数を、2030年までに新築住宅及び新築建築物の新築住宅の平均で住宅の一次エネルギー※が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現を目指しています

※一次エネルギー:火力・水力・太陽光などの自然から得られるエネルギーのこと。一次エネルギーを変換・加工して利用したものが「二次エネルギー」(都市ガスや電気など)

 

■ネット・ゼロエネルギー・ハウス(ZEH)支援事業とは?

ZEH支援事業とは、省エネ(エネルギーを節約する)・創エネ(エネルギーを創る)設備が整った住宅に対して補助を行う事業です。ZEHを満たすための設計を行い、申請することで補助金を受けることができます。ZEHの補助金を受ける為には、「ZEHビルダー」として登録された会社が建設・販売する必要があります

 

 

詳しい内容については、経済産業省 資源エネルギー庁のページにてご確認ください

http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/#z005

 

 

弊社では、政府が掲げるエネルギー政策に対応した低炭素社会の実現に貢献できるよう、今後とも努めてまいります

平成30年度 石島建設安全大会

6月29日(水)に安全大会を開催しました

 

平成30年度 第33回

石島建設労働安全協力会総会・石島建設安全大会

 

総会

第一部 総会

 

安全大会

第二部 安全大会

 

第二部の安全大会では、優良協力会社1社、優良者3名、優秀技術・技能者4名(弊社社員1名含む)の表彰を行いました

01tokunou

安全衛生優良協力会社

 

02anzeneiseiyuuryousha

安全衛生優良者

 

03yuusyuugijutuginousha

優秀技術・技能者

 

 

建設業における労働災害は、長期にわたり減少傾向でありましたが、平成29年の災害死亡者数は323人と3年ぶりに前年度を上回る結果となってしまいました

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000209118.html

(厚生労働省 平成29年度報道発表資料より)

 

石島建設労働安全協力会では、こちらのスローガンのもと、関係者が一丸となって建設業の労災絶滅に向け、努めていく所存です

 

 

■平成30年度 全国安全週間スローガン

『新たな視点でみつめる職場

 創意と工夫で 安全管理

 惜しまぬ努力で築くゼロ災』

 

■平成30年度 石島建設安全スローガン

『もう一度 初心に戻って再確認

 基本作業と安全意識』

見世蔵の改修工事(その3)

結城市で行った見世蔵改修工事の様子をご紹介します

前回まではこちらからご覧ください

 

●見世蔵の改修工事が始まりました

●見世蔵の改修工事(その2)

 

【旧店舗の現場調査】

施工前はこのような状況でした
旧店舗南側_板金下_井戸がある場所_01着工前

道路側の下屋が歪んでおり、瓦や漆喰の壁が崩れかけていました


【土蔵の外壁漆喰塗り】

下屋の屋根瓦葺き替え工事の様子は、タイミングを逃してしまった為、外壁の漆喰塗りの様子をご紹介します……

旧店舗西側_漆喰塗01

旧店舗西側外壁塗装


【漆喰塗り完了】

完工

道路に面した西側の壁を黒漆喰、鉢巻きを白漆喰で仕上げました

既存の格子戸や雨戸、造作の霧除けや手摺りも、丁寧にあく洗い(染み抜き)後に保護塗料で仕上げました

北側_完工

南側下屋下は白漆喰で仕上げました

ここには、今では珍しい手押しポンプの井戸が現役で使われています

旧店舗南側_板金下_井戸がある場所_02完工


今回ご紹介した『漆喰塗り』は、防火性や意匠性から武家の間で使われるようになったのが始まりだと言われています

現在でも色や仕上げのバリエーションが選べるので、洋風・和風問わず使われています

新築だけでなくリフォームでもお使いいただけますので、選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか?

見世蔵の改修工事(その2)

結城市で行った見世蔵改修工事の様子をご紹介します

前回は解体着工時の様子をご覧いただきました

今回は、道路に面した旧店舗の南側に付属する“トタン屋根”の葺き替えと敷地奥の住居側瓦屋根葺き替え工事をご紹介します


【南側下屋の屋根板金葺き替え工事】

まずは南側下屋から。古い野地板(下地材)を撤去し、新しい野地板を貼ります

旧店舗南側_板金下地01修正

既存のトタン屋根は腐食が進んでおり、下地の野地板も傷んでいる状態でした
野地板の上に防水シートを敷き込みます

旧店舗南側_板金下地02修正

最後にガルバリウム鋼板で仕上げていきます

旧店舗南側_板金04

 


【東側、住居部分の屋根瓦葺き替え工事】

こちらは土瓦葺き屋根、施工前の状態です

住居側_00_着工前

まずは古い瓦の撤去作業を行います

土瓦の為、土の撤去に時間と労力が掛かりました

これで屋根が軽くなりました

住居側_01

住居部分の野地板はしっかりしていました

屋根の高さ調整で、既存の野地板の上に新しい下地をつくりました

住居側_02

防水シートを敷き込みます

住居側_03

桟木を取り付けてから瓦を葺いていきます

住居側_04

【葺き替え完了】

南側下屋・東側屋根完工

住居側_06完工前

 


次回は道路に面した旧店舗の様子をご紹介します